鬱、無職、窓辺にて。

鬱、無職、窓辺にて。

現在はただの窓辺です

公共料金に雪つもり

起きたら雪がどっさり積もっていた。2月の下旬あたりから気温がプラスの日も多くなって、そろそろ冬も終わるのかなと少し寂しい気持ちでいたので今朝カーテンを開けて嬉しくなった。雪愛してる。

自分でもなぜだか分からないが、公共料金の支払い方法変更申請が非常に苦手で、一人暮らしを始めてもう少しで10年になるがずっとコンビニ払いを続けている。しかも幾度となく支払いを後回しにして催促のハガキを受け取っている。あとに回し続けた結果学生時代に一度だけ電気が止まり、不幸なことにちょうどその時家を数日空けていたため冷蔵庫が放つとんでもない腐敗臭におかえり~と迎えられることになった。冷凍庫には砂肝が入っていたことを覚えている。臭いは数か月とれず、今まで目もくれたことのない「脱臭!備長炭のチカラ!」などデカデカと書いてある消臭剤を買い漁った。(効果は全く感じられなかったが)

こんな性格なのでとっとと支払い方法を変えてしまえば良く、引っ越しの度に申請のハガキをしっかりとっておくのだが、なぜなのか、このハガキに記入して投函することが本当にめんどくさい。いやめんどくさいというよりも、ハガキの記入がコンビニ支払いよりもさらに後に回されてしまうらしい。

だがしかし、ついに今日私はハガキにクレカの番号を記入し投函した。電気・ガス・水道という3種のライフライン、これら全ての申請ハガキを投函してやった!自由だ!これでコンビニにて「3枚一気に出すのは店員さんに申し訳ないよな...」など考える必要がなくなった!振込用紙の期日欄を確認して「この支払はまだあとに回せる」なども考えなくていい!部屋のそこら中に請求書と領収書がうざったく散らばることもないんだ!自由だ!

極力外に出たくない人間だけどモフ雪の上を歩きたかったので夜な夜なポスト目指して頑張った。細くて冷たい鍼のような氷雪が吹き荒れていてとても寒かった。でもその細かい雪と真っ白な地面が街灯の光でキラキラ輝いてとても綺麗だった。宝石みたい。宝石の国に出てくる月の大地ってこんな感じかも。楽しいぜ雪。ウィンタースポーツは全然好きじゃないけど。